スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

【 和慈羽袖/WAZI-HASODE 】新作 



和慈羽袖は 特許出願中です!

《和次元 滴や》が和服の世界観をさらに増幅させるべく設計した新型の羽織が【和慈羽袖/
ワジハソデ】です。新型の羽織には間違いないのですが、羽織と比べると洒落でも機能でも
格段に振り幅が広く、まったく別次元の羽織り物に仕上がっています。
プレーンな状態では、大きな羽の様な袖を持つ羽織の形状ですが、ボタンを外して大きな袖
を肩に掛けることで、様々な表情を見せてくれます。その豊富な着こなしのパターンは …
まず、シンプルに羽織として。次に、羽袖をショールのように逆側の肩(首)に回すことで
マント風に(この場合でも右袖を左肩へ、左袖を右肩へ、両袖を交差…と様々)。さらに、
羽袖をまくり、袖無し羽織のように(この場合は右袖は右肩、左袖は左肩へ)と多彩です。
大きな袖が左右に流れ、あるいは身体をゆったり包み込むことで、生地の素材感と相まって、
平安貴族のような優雅さ、遊牧民のような異国情緒、修験者のような厳かさ…と演出される
世界観の幅が広がります。まさに雰囲気自体を纏うアイテムなのです。
ポケットも付くなど、細部にまで工夫された機能性と、変幻自在な使い勝手が評判を呼び、
現在【特許出願中】という、どこにもない羽織に仕上がっているのです。

右・手前の【和慈羽袖】は、透け感のある麻系素材で仕立てられており、やわらかな肌触り
がたまりません。格子状にフシのある糸が走り、素朴でありながらも上品な印象です。下の
着物まで引き立ててくれることでしょう。
          六八、〇〇〇 + 税   ( 麻 80%、綿 20% )
左・奥の【和慈羽袖】は、漆黒のしなやかなサマーウール素材で仕立てられており、こちら
の透け感も上品です。さらりとした肌触りとマットな黒が、生地のボリュームの割に涼しげ。
雰囲気を纏いながらも暑苦しくならないところに、気高さすら感じさせてくれます。
          六八、〇〇〇 + 税   ( 毛 86%、ナイロン 14% )

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。