スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

片身合わせの小袖 新作コーディネート 



  『 銀と龍で真っ二つ。潔い後ろ姿が魅力です!

和服の最大の魅力は 後ろ姿にあります。これは 女性の華やかな帯結びが背中にくることからも明らかです。
ネクタイなど前面を飾ることで第一印象を大事にする洋装に比べ、和装は去り際の情景、残り香のような最後の印象を最も大切にしていると言えるでしょう。特に 袴の後ろ姿は 男の背中に美学すら漂わせてくれます。
そんな後ろ姿を、さらに印象深くさせるのが、背中で左右の色柄がくっきり分かれる片身合わせの小袖です。
今回の片身合わせは、銀のメタル箔プリントを施した麻×綿の混紡素材と、黒地にモノトーンの龍の柄が踊るフシのある綿素材の組み合わせです。いぶし銀な男らしさは 勿論のこと、袖口やポケットの内側の細工にもこだわった逸品です。(銀:麻 50%、綿 48%、メタル 2% / 龍:綿 100%)   四〇、〇〇〇 + 税
足まわりは、はっ水加工の袴です。完全に水を弾く高性能を微塵も感じさせない雰囲気あるテクスチャーで、秘密兵器的な遊び心が 男の洒落をくすぐってきます。(ポリエステル 100%)    三五、〇〇〇 + 税 
関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。