スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

したたり小袖+付処 新作 



カラスが鳴くから 帰ろ

上の写真のしたたり小袖はカラス柄。背中に羽ばたくカラス、胸に
考えるカラスを配し、羽根を散らしている。オリジナルの型により、
シルエットを銀ラメのプリントで表現している。残念ながら、この
柄の小袖は完売したが、他の柄があるので期待していただきたい。
次に、発売以来大好評ながらも紹介し切れていない袈裟型バッグの
付 処ふところを3点ほど。それぞれが違う素材で手作りしている1点モノ。
画像・上は黒のクラッシュベロアに赤いレザーの組合わせ。裏側の
白黒の市松柄がちらりと見えて心憎い。下・左はニット素材を使い、
和装には面白いはず。下・右はカラフルで大きめの変形ドット柄に
黒の起毛ムートンをあしらってありコーディネートをモダンに変え
るに違いない。和服にはポケットが無くて…という声にお応えした
付 処ふところは表に3つ、裏に2つの収納がある外付けポケットだ。財布、
携帯、Suicaなどを納める工夫や中綿が嬉しい。着物の上、羽織の
下に着ける仕様なので、ベストの様に重ね着としてもオシャレだ。
  本体価格 一四、〇〇〇円 など (素材による)

最近は、春夏の新作、あるいは ㊙限定商品の仕込みの真っ最中だ。
春から、まったく新しいデザインのアイテム、待望の素材や予想外
の素材で仕上げた限定品などを続々登場させるべく活動している。
イベントも、3月の銀座・福岡を皮切りに、4月浅草、5月大阪、
6月仙台・原宿…と目白押しで、何より京都の店では 10周年記念
企画が着々と進行する!…はずである。乞うご期待!なのである。
関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。