スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

したたり小袖+袴 秋の新作 



ようこそ! 和次元の回廊へ 』 

残暑がまだまだ鬱陶しいが、ここからは秋の新作をご案内したい。
すでにご覧の方から、これからの展開が楽しみになってきた!との
感想も頂く上々な走り出しのしたたり新作コーディネートである。
まずは したたり小袖から。しなやかだが、しっかり織り込まれた
力強い風合いの綿素材。微かに緑みのある黒だ。それに赤ラメ色の
ムカデの柄を袖と背にプリントし、勝ち虫の迫力を全面に出した。
 本体価格 三九、〇〇〇円  (素材:綿)
濃いボルドー色のは 復刻以来、定番化の兆しも見える顔料染め
のスウェード調素材。使い込むほど出るスレやアタリでスウェード
感も増す。革袴的な力強さと色目の妖しさの魅力に引き込まれる。
 本体価格 三八、〇〇〇円  (素材:ポリエステル)
衿元には かすれた織りの赤。下着の和地帷子は 美しい着姿を作り、
しかも機能的。したたりの美しさのために開発された秘密兵器。
 本体価格 一四、〇〇〇円  (素材:綿)

最近は 物知り顔の着物評論家みたいな連中が、和服を始めるなら
夏のユカタから…なんて言ってたりもするが大間違いだ。和服に限
らず、夏のファッションが一番つまらない。祇園祭に来た観光客も、
部屋に戻るや否や ユカタを脱ぎ捨てたに違いない。夏は脱ぐ季節。
秋からが、着る季節なのである。僕は、これから皆さんを和次元の
回廊へと ご案内できるのが楽しみで仕方がない。7月末より発表
した秋物は好評、いよいよ着る季節になる。始めるなら秋なのだ。
関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。