スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

したたり小袖+袴 新作 



天の川のほとり

海岸から続く参道の先には神社。その脇の細い坂道を少し登ると
予想以上に眺めの良い観音堂に辿り着いた。案の定、誰もいない。
久しぶりに逢う女性と来るなら、こんな場所がいいかもしれない。
ぬくもりを確かめる様に指先をつないで、ゆっくりと坂を登れば、
何となく恋人らしくも見えているはず。男は眺めの良い所を探し、
女は邪魔が入らない所を選ぶ。笑顔を作るのは上手くなったけれど
今のすべてを許せるほどの余裕は無い。話し込んで、いつの間にか
日が暮れかけてくる。想いは時差を超えて溢れ出す。「届け…」と
願った長い時間よりも 近いはずの今の方が離れて感じる。男女の
間には常に流れる天の川。今年もきっと、もどかしい織姫と彦星。

夏には白地が気持ち良い。ブルーの[波に兎]柄のしたたり小袖
 本体価格 三五、〇〇〇円  (素材:綿)
シャリ感たっぷりの夏袴は紺と白の透かし織でシワも気にならない。
 本体価格 三八、〇〇〇円  (ポリエステル85% 麻15%)

▼▼   男の【着物 × 袴】スタイル  in 新宿      ▲▲
▼▼ 《期間》 7月 16日(水) 〜 29日(火)      ▲▲
▼▼ 《場所》 新宿・高島屋   11階:呉服サロン     ▲▲
▼▼  夏の『したたり』シリーズ、小袖の新作から  ▲▲
▼▼  新素材雑貨まで 初お目見えアイテムが目白押し! ▲▲
▼▼  ※ 京都滴やは、土・日・祝通常営業です ※ ▲▲

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。