スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

マント新作 



浪漫 ロマン派御用達? 』                        
花柄のマントである。確かに 無地モノは合わせやすくて便利だが、
やはり柄物が欲しい!便利なだけではつまらない。内なる衝動に
突き動かされるのが自然な流れだ。マントなんて理性で着こなせる
モノでもない。しなやかで美しく 大胆だ。着物を合わせれば良い。
 価格 八四、〇〇〇円 (表地:毛70% ナイロン20% 他)
下の臙脂色の妖しげな袴もスウェードタッチの素材を仕立てた逸品
だが、待ち望んでいてくれたユーザーも多いので 改めて次号にて。

前号でも靖国の話になってしまったが、僕は「右傾化」と呼ばれる
最近の風潮に強い違和感を感じている。政治利用などで皇室を軽ん
じているのは むしろ右傾化した人々の方だ。彼らは 愛国心を煽る
様に勇ましいことを言うが、その本質は実に非日本的なことが多い。
一見、日本的に思えても本質はまったく違ったり、無関係なようで
実に日本的だったり…。現代は歪められた日本像と、力強い日本の
エキスとがゴチャゴチャに入り混じっている。素材の糸から仕立て
まで すべてが外国製の和服と、日本独自の細やかな気配り溢れる
ウォシュレットの洋式便座では どちらが日本的なのだろうか? 形
だけの伝統より、日本人の工夫の中に日本の血脈は通じているはず。
右傾化した人々は盛んに歴史に絡めて自説を述べ立てるが、どれも
ついこの前のことばかり。長い日本の歴史を掘り下げてもらいたい。
A級戦犯の孫が首相で偽りの神社を公式参拝する日本など薄ら寒い。
我々は愛国心を語る前に国を知ることを肝に銘じなければならない
関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。