スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴+着物 新作 



サムライ 海を渡る? 』                        
海に和服は似合うのか?…なかなかの命題だ。夏という季節は特に。
着物で海水浴へ!とは さすがに言わないが、その昔は サムライも
和服で海を渡ったことだろう。
だからなのか、 近頃は 海外旅行で着たいから…とお越しの方が
意外に多い。中には、船に乗るので…という羨ましい御仁も。
確かに、海外では和服ほど 日本人に有効な衣裳は他に無いだろう。

問題は、その場に適したデザインか、どうかだ。クルージングには
クルージング仕様の、リゾートにはリゾート的な和服があって良い。
当然 着こなしも自由に。いつもより衿を開いて涼しく ゆったりと。

またまたアロハな着物の登場だ。赤と黄色の幾何柄模様。さらりと
シワになりにくい素材が 旅行に便利。何より力強いほどに個性的。
 価格 二七、三〇〇円  (ポリエステル65% 綿35%)

グリーンの袴。決して ありふれていない色の割に コーディネート
しやすいスグレモノ。細かい格子の織り紋様が走り、洒落ている。
 価格 三一、五〇〇円  (素材:綿)

袈裟掛けのカバンは ポケットいっぱいで好評の ふところ【付処】。
レザーっぽい黒の光沢は 麻素材にコーティング加工を施したもの。
 価格 一二、六〇〇円  (裏側はカラフルで楽しい)

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。