スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

ある日のコーディネート 2  



群れない、ぶれない、… 独楽 こ まの如く 』                        
彼がふらりと現れたのは 店を始めて2年が経った頃だった。以来、
年に2〜3回お会いするおつきあいだ。彼に会えるのは 楽しみだ。
「破れてきたから 新しいのをもらうよ!」「そろそろ寿命だから、
次回は○○だよ!」…言葉通り、すり切れるほど着てくれている。
かなりの趣味人であり文学と鉄道を愛する旅人なのだが、ライブに
行く時も日本中を旅する時も…というより私服は和服なのだという。
会社では結構な役職なのでスーツを着ているとの事だし、そもそも
最初の出会いは洋服だったはずだが、今となっては ピンと来ない。
「和服が板に付いた」以上の 「和服と彼の個性が一体化した」とい
う表現の方が相応しい。そう、もはや「それが彼!」なのである。

日本に和服人口は圧倒的少数だから 着物同士で群れるのだろうか。
成人式などの儀式、茶道などの習い事、夏祭りや花火のユカタ、…
どうしても 制服的な枠を感じ コスプレ感覚が漂う。それが却って
和服のイメージを固定化し 使い道を狭めている。
ところが 彼には曖昧なイメージは無いし、和服の印象すら薄い。
当初 黒づくめの彼だったが、最近は赤や青の柄物も着てくれる。
色々なモノを組み合わせても、結局は「いつもの彼」が完成する。
僕が作ったモノ(中でも少し激しい目)は 彼に受け入れられると、
次には 完全に彼の着るモノ(多少くたびれてる)となっている。
あくまで 彼の個性が軸であり、和服も ただの衣装に過ぎない。
センスや好みは 人それぞれだが、軸が ぶれないことこそ重要だ。

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。