スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴+着物 新作 



後ろの正面 だぁれ? 』                        
和服の正面は 後ろ姿である。女性の着物姿を思い浮かべてほしい。
帯のお太鼓も 振袖の変り結びも すべて背中にある。和服において
一番の大事な正面が 背中にあることを、ご理解いただけるはずだ。
そう考えると 帯の結び目を後ろに持ってくるのは なぜか?…
七面倒臭い帯結びに こだわるのは なぜか?も見えてくるでしょ。
洋服との違いは お洒落の感覚ではなくて、お洒落の観点なのだ。
さて、男の場合も本当にそうなのか? 帯幅が狭いから 着流しと
角帯では 確かに分かりにくい。着流しは過程で 完成形ではない。
それに袴を着ければ もう一目瞭然だ。背板から流れるラインは
優美で凛々しい。これが当店の袴にこだわり続ける理由の1つだ。
和服は袖が大きく 袴の裾は広いから、常に意識して 堂々として
いないと 逆に 己のみすぼらしさを際立たせてしまうことになる。
「男は背中で語る」とは よく言ったものだ。後ろ姿では 笑顔の
誤魔化しも利かない。丸まった背中が 人生そのものを表現する。
能の稽古にて…先生は「生活が出てしまってます!」と手厳しい。
和服も 後ろ姿も 人生も なかなかどうして ままならぬ。(笑)
画像は先日の【きもの市】でのチラシ掲載分のコーディネートだ。
お問い合わせや 別注の依頼と 案外好評だったので、急遽 ご紹介。
艶やかなサテンの片身合わせ着物も 実は綿混紡の素材で安心。
 価格 二七、三〇〇円  (綿50% アセテート50%)
シルク・ウールの上品な光沢にシルバー× ベージュが きれいな袴。
 価格 三七、八〇〇円  (毛75% 絹20% 他5%)
関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。