スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴+マント 新作 と イベント予告 



 『 さようならの美学? 』                        
今年は雪も多く寒い日が続いていますが、そろそろ別れや出会いも
含め、その先の新しい展開が気になる季節となってまいりました。
颯爽と現れる登場シーンもさることながら、風に靡かせ去っていく
別れ際の哀愁漂う後ろ姿にも マントは必須のアイテムであります。
そう考えると これからがマントの最も活躍する季節なのでしょう。
今回掲載のマントは 真冬用のものより やや薄めのしなやかな素材
で仕立て、防寒よりも あくまでドレープの美しさを重視しました。
いぶし銀な光沢を持つ 伊達なイタリア男御用達の綾織りを贅沢に。
 価格 八四、〇〇〇円 (毛63% ポリ35% ポリウレタン2%)
この秋冬は特に、他にも好評のマント・コートが多くありました。
残念ながら こちらではほとんど紹介出来ずに巣立ちましたが この
遠ざかる後ろ姿のヒダの揺れが絶品なマントの掲載は嬉しいです。
さて真打ち登場。ヒョウ柄?の袴です。モスグリーン × シルバー
で絣調に表現しました!ヒョウ柄の様でカモフラにも見え、派手な
様で激シブ。それなのにコーディネート幅の広さが優しいのです。
少しイカツめのポリ素材もパリッとして かえって紳士的なのです。
 価格 三六、七五〇円 (素材:ポリエステル)
そして マント以上に美しい袴の後ろ姿については、また機会に。

▼▼  予告!  東京エリア 【 きもの市 〜春〜 】  ▲▲
▼▼   銀座・松屋 8階  イベントスペースにて   ▲▲
▼▼    4月2日(火)〜 4月8日(月)      ▲▲

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。