スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

柄デニム袴+片身合わせ着物 新作 



 『 ただ そこに和服がある暮らし 』                        
何も難しいことは無い。何気ない時間の どこにでもある景色…。
特別に気負う様な理由も気持ちも無い。何となく 気が向いたから。
自然か どうかは分からないが、不自然ではない。それで充分だ。
和服も所詮、ただの衣服でしかない。着替えの選択肢のひとつだ。
いつもの暮らし中でこそ 着て過ごしたい。ただ 暮らしのどこかに
和服があるというだけのこと。服は服だし、自分は自分でしかない。
しかし、和服を着ることで 昨日と同じ景色が違って見えたならば、
それは あなたの着替えたモノが 服だけではなかったということか。

ちょっと厳つ目の袴は、花柄と英字を染め抜いたデニム素材。ゴツ
さが際立つ生地ではあるが、柄の柔らかさと相まって洒落ている。
 価格 四二、〇〇〇円 (素材:綿)
上は 片身合わせなのに派手さを抑えて キリッとシックな着物です。
以前好評だったものを濃紺から漆黒に配色を替え、さらにクールに。
ストライプと無地の組み合わせは 軽く肌触りも良い木綿が嬉しい。
 価格 二一、〇〇〇円 (素材:綿)

この秋は 10月から12月までイベントが続きます。詳細は おいおい
発表いたします。まずは東京・松屋銀座からスタートです。
☆ 【 銀座の「きもの」市 】 〜東京 イベント予告〜   ☆
☆ 10月17日(水) 〜 23日(火) 松屋 銀座 8階にて ☆
☆  〈ただし 17日は12時開場、最終日は17時30分閉場〉 ☆
関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。