スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴+着物 新作 と 銀座の「きもの」市 



 『 御礼! 7周年 』                        
お蔭さまで当店も7周年を迎えることが出来ました。いつの間にかの7年です。さすがに7年も経つと「昨日の様に…」といった具合に思い出すことは出来ません。…確か、開店当初は必死でした。
残念ながら(笑) 今でも必死です。しかし 夢中で始めたことは、嬉しいことに 今も変わらず 僕を夢中にさせてくれています。
旅の途中で目指した丘には 霧が立ちこめていました。今はそれが 少しずつ晴れようとしています。遥かに見えた山並みの その先の風景はどんなであろうか?と 気になりだした今日この頃です。
☆ 【 銀座の「きもの」市 】 〜東京イベント告知〜    ☆
☆ 4月3日(火) 〜 9日(月) 松屋 銀座 8階にて ☆
☆  〈ただし 3日は12時開場、最終日は17時30分閉場〉 ☆
今回の新作は 右の催しのチラシに掲載されたコーディネートです。
生成りと白の色の差が穏やかな片身合わせの着物と、流行色の兆しもあるグリーンの袴によるアースカラーな組み合わせは、インテリジェンスに富んで見えるコーディネート。画像の様に牧歌的な風景にも なじむ割に 決して溶け込まず、野暮ったくならない毅然とした雰囲気があるからでしょう。さすらいの考古学者風!ということに 僕の中では落ち着きました。
 片身合わせの着物 (綿55% 麻45%)  価格 二五、二〇〇円
 グリーンの袴 (素材:綿)       価格 三一、五〇〇円
そして 素足に履きたい心地良さ…他のどこにも無い1点物の鼻緒を合わせて…上品な畳表の下駄       価格 二二、〇五〇円

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。