スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴+じゅばん 新作 と イベント(予告)情報の更新 



 『 雛祭り と 脇役の存在感 』                        
明日は 雛祭りですね。そんな訳で 吊るし飾りの前にて パチリ。
雛祭りは女子の健やかな成長を祈る節句なので、男は当然脇役です。
そう思って 改めて雛人形を眺めると お内裏様が お雛様の添え物の様に見えてしまうのは 仕方ないことなのかもしれません。
世の着物姿でも 華やかな女性に比べ、男性のそれは圧倒的に地味で老けたものばかり。これでは添え物どころか、引き立て役にすらなれません。男性陣は今こそ 大いに奮起したいところです。
そもそも動物の世界では一般的にオスの方が洒落ています。つまり今の人間界の流行は 生物学的に異常ということでしょうか。主役奪還とまでは いかなくても、名脇役程度には存在感を示さないと ライオンや孔雀に 合わせる顔が有りませんね。(笑)

品薄だった じゅばんや 春物のハカマが 仕上がり始めています。
まず じゅばん。浅めのエメラルドグリーンが個性的。じゅばんだけでは絵にならず紹介が難しいですが、柄物の掲載は次回以降に。
 価格 一二、六〇〇円 (素材:綿)
キモノは 花唐草紋織り生地に 配色替えした風神雷神の京刺繍を。
 価格 三六、七五〇円 (素材:ポリエステル)
チノパン・チックなハカマは 穿きやすく軽快に。別色もあります。
 価格 三一、五〇〇円 (素材:綿)

☆4月のイベント(東京)予告…他、ホームページ更新しました☆

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。