スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

マント新作 



 『 北の大地にて 』                        
つい先日 所用のため札幌へ飛んだ。当然のことながら 北の大地はこの季節 一面の雪で真っ白だ。雪国に暮らす人には 見慣れた面倒な景色なのかもしれないが、最近 まとまった雪を見ていない僕にとっては 心を躍らせるのに充分な風景だった。
やはり地球温暖化は進んでいるのだろう。子どもの頃の冬休みにはよく雪遊びをした記憶があるが、最近は 積もった雪の中を歩く機会すら めっきり減ってしまっている。
この日 東京でも積雪があったそうで、ホテルの部屋のテレビからは 滑って転ぶ人々の映像と 麻痺している交通機関の情報が何度も流されていた。映像の雪景色は 窓の外に比べ 何とも薄らとしているし、繰り返されるアナウンサーの注意喚起は 大げさで白々しい。
その後 ホテルを出て北大キャンパスを30分ほど散策した。その間にも 雪道を普通にジョギングする人達と4、5回は すれ違った。雪の中で見る北の大地の人々は 実にたくましいのだ。
札幌では さすがに履物をブーツに替えたが いつもの如くマントでも移動した。(転ばず)下着を万全に備えれば、案外平気の様だ。

今回は レザーのマントをご紹介。表面の革らしい表情と漆黒の滑らかな光沢が 圧倒的な迫力を醸し出しており 評判も上々。
しかも裏はファーで起毛素材の暖かさが嬉しく 着心地も 見た目にも豪華。フェイクレザーなので 重厚な見た目に比べれば軽いかも。
 価格 九四、五〇〇円 (人工皮革/ポリエステル他)

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。