スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

マント新作 



 『 汚れた空も すっかり見慣れたろ? 』                        
いよいよ寒くなってきて一番上に纏うものが外出には必須になった。遅ればせながら紹介する当店の今年のマントも 相変わらず評判がいい。誠に嬉しいことに。
マントは防寒もさることながら、何といっても圧倒的にシャレてる。昔からヒーローは皆 マントで登場すると相場が決まっている。
そんなことにも由来するのか、着ている時の高揚感は堪らない。
ところで、先日ふとしたことから偶然にも東京から自主避難している母子と知り合った。縁もゆかりも無い京都に暮らし始めるのは きっと大きな苦労だろう。新聞にも あまり載っていないが、そういう母子は意外なほど多いのかもしれない。もちろんセシウムを
恐れてのことだ。そのうち セシウムを避けるための上着も登場してきそうだ。
マントが、防寒でもシャレのためでもなく、防セシウムのために!とならないことを 切に祈るのみである。

今回のマントは ざっくりとして力強い織りの素材感と ヌメッとした妖し気な光沢をあわせ持つ漆黒のもの。生地の迫力としなやかなドレープが予想を超えてマッチし、とても美しく 何とも男らしい逸品に仕上がりました。あまりにも出来が良かったので、同じ型のボタンを変えたタイプも作ってみました。一見の価値ありです。
 価格 七九、八〇〇円
     (表:レーヨン58% 毛28% 綿12% ポリエステル2%)

関連記事
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。