スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

フェイクレザー長羽織 新作 

        『 シルバーウィークも 連日営業中です!
 コーディネート用に作ったイカツイ長羽織、ご紹介し忘れてました。ド迫力のヤバさです。単衣仕立て。(袴と羽織紐は完売です。)
                税別価格 三七、〇〇〇円  (フェイクレザー/表:ポリウレタン 裏:ポリエステル)

スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴 新作 と イベント情報 



   『 鴨川散歩のススメ

当店から見て 庭の向こうに史蹟【山紫水明処】があり、そのすぐ裏が鴨川だ。
【山紫水明処】は江戸時代後期の学者・頼山陽の晩年の書斎で「日本外史」等、
三大著作を完成させ 梁川星巌や大塩平八郎らと親交を深め、没した所である。
そもそも「山紫水明」も山陽による造語で、鴨川の清流を隔て東山三十六峰が
一望でき、その名に背かない。昔は【山紫水明処】のすぐ近くまで川幅があり、
山陽は執筆のかたわら、縁側で釣りをしたという。現在では河川敷に遊歩道や
公園が設けられ、ジョギング・サイクリングが日課の人々や楽器・スポーツを
練習する学生達、そしてカップルや子供達で賑わう。今も昔も京都人にとって
憩いの場であることに変わりはない。海の無い京都では貴重な領域と言える。
海と共に京都には無いのが花火大会だ。鴨川では打ち上げ花火は禁止である。
いつから? 明和二年(一七六五年)に 京都町奉行所の御触れが出たそうだ。
「防火上してはならない。特に三条より北は京都御所に近いので…」至極当然。
それから百八十九年後の昭和29年8月16日 読売新聞主催の花火大会が開かれ、
京都御所内の小御所(小御所会議で有名な書院)が全焼する。(同34年再建)
当時「お精霊さんしょうらいを送る大文字送り火に合わせて花火をやるとは けしからん」
との声があり「花火が原因で小御所を焼いたのは たたりだ」と言われたそうだ。
ところで、このベージュの袴、着こなしや洗濯が楽で鴨川散歩に便利なのだ。
            税別価格 三〇、〇〇〇円 (素材:綿)
▼▼      【 キモノロック 大阪 】               ▲▲
▼▼  《日時》  10/23(金)~ 25(日)  開場時間はFBに記載 ▲▲
▼▼  《場所》  南船場・ イマジン&デザイン          ▲▲
▼▼  《京都店の営業》 【キモノロック大阪】開催中は お休みします ▲▲
trackback: -- | 本文: -- | 編集

小袖+袴+羽織 未掲載分コーディネート 



心地のイイ場所

誰にでも忘れることのない
とっておきの場所はある。
弱い頃、親友に野望を語り
恋人へ愛を誓う聖地の様に。
人影疎らで眺めの良い場所。
そういう場所からは、大概
海も見える事になっている。
新たな聖地を 見つけると、
今でも独りで ほくそ笑む。
いつまで居座るつもりだ?

きっと、また来よう…
行く場所で着る服も決まる。
語り尽くせぬ未来の続きを
語るために用意した和服で。

遊び心の白い透かしの小袖
  三七、〇〇〇円+税
無垢なアイボリーの袴
  三〇、〇〇〇円+税
ロマン溢れる柄物洒落羽織
  三四、〇〇〇円+税
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。