スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

ある日のコーディネート 4  



人間には卑怯者の血しか残らない 』

昔、俵太さんと飲んだときに聞いた そんな見解をふと思い出す…。
確かに、現代社会を眺めれば納得だろう。残念ながら僕にも確信と
なっている。昔の時代劇では「侍が飛び道具とは卑怯な!」なんて
台詞がよくあった。刀が銃になり原爆、化学兵器、今では無人機で
ミサイル。戦争では潔い者から死んでゆく。卑怯者は増殖し続ける。
軍師 官兵衛の時代は、備中でも鳥取でも 城兵の助命を条件に大将
が切腹している。ところが昭和になると、女子や学徒隊まで前線に
駆り出しながら、上層部は敗戦後になって拳銃自殺を図る卑しさ。
時代が下がるほど卑怯者は幅をきかせる。案の定、平和な現代でも
いじめ、 虐待、横領、偽装、盗撮など姑息な卑怯が猛威を振るう。
正直、卑怯者は見慣れ見飽きてる。是非とも潔い男が見たいのだ。
さて、俵太さん。30周年を記念してニューヨークでパフォーマンス
をされた。それにあたって、イッセイ ミヤケのジャケットなどの、
昔の衣装からキモノを作ってほしいと前々からお願いされていた。
全身滴やスタイルでニューヨークを闊歩する様がTV放映される。
9/28深夜1時35分〜 関西テレビ・俵越山 ニューヨークへ行く!
        
▼▼   【したたり】ジャパン ツアー 2014   第1弾  ▲▲
▼▼ 〈名古屋〉   10/17(金) 〜 10/19(日)   ▲▲
▼▼   アートスペース A1 / 大須観音駅より徒歩3分 ▲▲
▼▼     アンティーク着物・やゝさんと ご一緒します ▲▲
▼▼     開催時間 11時 〜 19時 (最終日16時まで) ▲▲

スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: -- | 編集

したたり小袖+袴 新作 



モノクロームな誘惑 』

今のところ順調に涼しくなってますね。待ちに待った秋のはじまり。
今回は秋の装いを楽しみにするモノクロームなコーディネートです。
キャンバスに花を鉛筆デッサンした様な柄のしたたり小袖は無彩色
の木綿。しっかりした見た目に反し、柔らかい風合いで気持ち良い。
男の色気と渋さ、そして素朴さが絶妙なバランスで共存し秀逸です。
 本体価格 三六、〇〇〇円  (綿95% ポリウレタン5%)
は顔料染めの生地を仕立ててから、洗いを掛けた迫力モノの逸品。
すでに予約で売り切れ間近の黒だが、近々 別配色も登場します。
 本体価格 三〇、〇〇〇円  (テンセル70% 綿30%)
チェッカーフラッグの様な衿元は、ゆるい着こなしにもってこいな
さんずんという簡単肌着。もちろん総柄、楽々で、着心地良しです。
 本体価格 一三、〇〇〇円  (素材:綿)

▼▼   【したたり】ジャパン ツアー 2014        ▲▲
▼▼ 〈名古屋〉   10/17(金) 〜 10/19(日)   ▲▲
▼▼   アートスペース A1 / 大須観音駅より徒歩3分 ▲▲
▼▼     アンティーク着物・やゝさんと ご一緒します ▲▲
▼▼     開催時間 11時 〜 19時 (最終日16時まで) ▲▲
▼▼ 〈大 阪〉    10/24(金) 〜 10/26(日)   ▲▲
▼▼ 〈浅 草〉    11/15(土) ・ 11/16(日)   ▲▲
▼▼ 〈原 宿〉    11/29(土) ・ 11/30(日)   ▲▲
▼▼ 〈京都 髙島屋〉 12/10(水) 〜 12/16(火)   ▲▲

trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。