スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

ある日のコーディネート 3  



固定観念という退屈は ぶっつぶせ! 』                        
イベントの折には 個性的なコーディネートを撮らせていただける。
僕は作っている立場なのでコーディネートもソコソコこなしてきた
つもりだったが、それでも意外・巧い…というコーディネートには
出会うものだ。その度に なぜ気付かなかったのかと苦笑いする。
写真も そんな良い例のお二人だ。まず 左の御仁は Yさん。
僕もだが、皆さんも 横段 × 縦縞、ボーダー × ストライプの組み
合せは暗黙のうちに忌避してきたのではないだろうか。たぶん僕が
しなかった横段の着物と縞袴の取り合わせは 意外なくらい自然で
想像以上に表情豊かに仕上がり、茶目っ気と控え目の共存が好印象。
さて、この上に銀マントを羽織った姿もご紹介したいが ここまで。

次に右の写真はK氏のコーディネート。僕の予想を遥かに超えた。
まずはコートの重ね技。キルティングの効いたファー付きパーカの
上に二重廻しコートを重ね着、フードを出す。理由は 寒いから。
さらに黄色のハンチング、赤いマフラーとメガネを用意(ひげも?)
妖しげに黒光りする二重廻しの下にチラ見せするパーカの金/黄と
相性抜群の黄色の帽子ハンチング(よく見つけたものだ)と赤のアイテム達。
妖しい黒 × ポップな色目のコーディネートとは… 絶妙すぎて彼が
インテリにも武闘派にも見えてくる。掴み所の無さはマジックか?
お二人の自由なコーディネートはイメージを勝手に増幅してくれる。
同じ服装でも見る者の体調や気分で違った印象を与えることだろう。
いつの間にか捕われた固定観念を壊せば、我々はもっと楽しめる。
スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: -- | 編集

スウェード調 袴+付処 バッグ 新作 



着れば着るほど、穿けば穿くほど、袴は楽しい! 』                        
前号でも予告した臙脂色の妖しげな袴である。初期に濃いグレーグ
リーンの袴を作った。僕も気に入っているので 今でも穿いている。
その袴は 顔料着色によるスウェードタッチの素材で仕立てられた
なかなかのスグレモノだ。数年使っているので いい感じに擦れて
顔料が落ち、まさにスウェードの風合いだと好評で ご要望も多い。
着ていただいてるユーザーからも もう1着欲しいと言われ 素材を
方々探してみたが何年も見つからなかった。が、ようやくほぼ同等
の素材を入手出来、今回の袴が仕上がった。しかも、臙脂と濃紺と
いう何とも効果的な配色での再登場と相成った。着れば着るほどに
紐やヒダの際から色が落ちて、より皮革の様な風合いになってくる。
穿けば穿くほど、楽しみが増える…いかにも滴やらしい袴の登場だ。
 価格 三九、九〇〇円  (素材:ポリエステル)

そして、年末年始のイベントでも相変わらずの大人気だった袈裟型
斜め掛けバッグ付処ふところも あわせてご紹介。着物の上 羽織の下に
着用出来る様、身体に添うデザインを心掛けたボディーバッグだ。
重ね着的な洒落も楽しめるアイテムとして好評を得てきた。画像の
如く 臙脂などは襲色目な遊びも出来るが、残念ながら すでに完売。
でも、続々と楽しい新作が上がってきているので ご安心を! 複数
あるポケットの工夫や裏地のこだわりは 店頭にて ご確認のこと。
便利さはもちろん、素材も様々で 洒落の幅が かなり広がるはず。
 価格 一二、六〇〇円 など(素材による)
trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。