スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

したたり小袖+袴 新作 



パフォーマンスや資金より、純粋さと工夫が勝負でしょ! 』                        
7月24日発表のしたたり小袖は なかなかの好感触のもと 受け入れ
られたようで安心しました。お陰さまで、初回製作分の半数以上は
イベント期間中に当方を無事旅立ちました。有り難うございます。
京都新聞にてしたたり小袖に関して取り上げられ、お問い合わせも
いただいてます。すっきりした着姿と機能性重視の 工夫を重ねた
したたり小袖ですが、こちらでも詳しい説明はいたしません。元々、
当店のヘビーユーザー向けの和服なので 詳細は直接お尋ね下さい。
という字は立木に斧を入れること、という字は衣・布に刀・鋏
を入れることを意味します。すべてのモノ作りは 傷つける痛みを
知ることから始まります。したたり小袖には 9年目にして始めて
入れたハサミもあります。だからこそ宣伝的説明は控えたいのです。
ある時「和次元パーカが パクられてるよ」と知らされました。
僕には パクリに嫌気がさして業界を去った尊敬する先輩がいます。
痛みを伴わないパクリは切り倒し切り刻んでいくだけで、モノ作り
の風土を育てません。今時は パフォーマンスや話題・資金だけで
舞台を仕切ろうとする役者が多い様ですが、純粋に芸、技や工夫を
競い合う神聖な舞台が 今後も日本に残ることを切に願うのみです。

さらりと素朴な風合いに かすれた黒が端正な したたり小袖
 価格 三九、九〇〇円  (綿85% 麻15%)
好評の麻混はかまの別色。涼しい紺 × 白のザックリした織り。
 価格 三九、九〇〇円  (ポリエステル85% 麻15%)
スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴+着物 新作 



サムライ 海を渡る? 』                        
海に和服は似合うのか?…なかなかの命題だ。夏という季節は特に。
着物で海水浴へ!とは さすがに言わないが、その昔は サムライも
和服で海を渡ったことだろう。
だからなのか、 近頃は 海外旅行で着たいから…とお越しの方が
意外に多い。中には、船に乗るので…という羨ましい御仁も。
確かに、海外では和服ほど 日本人に有効な衣裳は他に無いだろう。

問題は、その場に適したデザインか、どうかだ。クルージングには
クルージング仕様の、リゾートにはリゾート的な和服があって良い。
当然 着こなしも自由に。いつもより衿を開いて涼しく ゆったりと。

またまたアロハな着物の登場だ。赤と黄色の幾何柄模様。さらりと
シワになりにくい素材が 旅行に便利。何より力強いほどに個性的。
 価格 二七、三〇〇円  (ポリエステル65% 綿35%)

グリーンの袴。決して ありふれていない色の割に コーディネート
しやすいスグレモノ。細かい格子の織り紋様が走り、洒落ている。
 価格 三一、五〇〇円  (素材:綿)

袈裟掛けのカバンは ポケットいっぱいで好評の ふところ【付処】。
レザーっぽい黒の光沢は 麻素材にコーティング加工を施したもの。
 価格 一二、六〇〇円  (裏側はカラフルで楽しい)

trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。