スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴+着物 新作 と 銀座の「きもの」市 



 『 御礼! 7周年 』                        
お蔭さまで当店も7周年を迎えることが出来ました。いつの間にかの7年です。さすがに7年も経つと「昨日の様に…」といった具合に思い出すことは出来ません。…確か、開店当初は必死でした。
残念ながら(笑) 今でも必死です。しかし 夢中で始めたことは、嬉しいことに 今も変わらず 僕を夢中にさせてくれています。
旅の途中で目指した丘には 霧が立ちこめていました。今はそれが 少しずつ晴れようとしています。遥かに見えた山並みの その先の風景はどんなであろうか?と 気になりだした今日この頃です。
☆ 【 銀座の「きもの」市 】 〜東京イベント告知〜    ☆
☆ 4月3日(火) 〜 9日(月) 松屋 銀座 8階にて ☆
☆  〈ただし 3日は12時開場、最終日は17時30分閉場〉 ☆
今回の新作は 右の催しのチラシに掲載されたコーディネートです。
生成りと白の色の差が穏やかな片身合わせの着物と、流行色の兆しもあるグリーンの袴によるアースカラーな組み合わせは、インテリジェンスに富んで見えるコーディネート。画像の様に牧歌的な風景にも なじむ割に 決して溶け込まず、野暮ったくならない毅然とした雰囲気があるからでしょう。さすらいの考古学者風!ということに 僕の中では落ち着きました。
 片身合わせの着物 (綿55% 麻45%)  価格 二五、二〇〇円
 グリーンの袴 (素材:綿)       価格 三一、五〇〇円
そして 素足に履きたい心地良さ…他のどこにも無い1点物の鼻緒を合わせて…上品な畳表の下駄       価格 二二、〇五〇円

スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: -- | 編集

着物+じゅばん 新作 と イベント(東京)のご案内 



 『 稽古を積むのに人生は短すぎる…と思えてならない 』                        
平安神宮のすぐ北西に 武徳殿という建物がある。ガイドブックにも載っていないので 武道に馴染みの無い方には あまり知られていないが、趣のある見事な建物だ。この武徳殿は重要文化財の近代和風建築。さらに今も現役で武道の聖地の役目を果たしていることが嬉しい。中央に板敷きの稽古場があるのは当然だが、東南西の周囲には桟敷?が設けられ、そして北に画像の様に唐破風のとても立派な床がしつらえられている。現在は宗教色を排しているが、以前は鹿島・香取二柱の神名の掛け軸が掲げられていたのだろう。明治期の創建だが古式ゆかしく威厳を保っている。今ではすっかり芸能人のコンサート会場と化した日本武道館とは大違いである(笑)
今は能の謡曲と仕舞に傾倒し ゆとりの無い僕にも、ここで稽古してみたいと思わせてくれる 何ともグッと来る雰囲気なのである。

片肌脱ぎで じゅばんをご披露。様々な商標を散らした柄で商売繁盛!的なポップさと、綿麻の素材感による ざっくりとした素朴さが相まってコーディネートの幅も広い。だいぶ以前にも作ったが、僕も愛用していてよく聞かれるので 再登場となった。
 価格 一四、七〇〇円 (綿80% 麻20%)
久しぶりに渋めの着物もご紹介。力強い風合いに鉄紺の激渋な色目。
 価格 二三、一〇〇円 (綿90% 麻10%)
☆イベント☆ 【 銀座の「きもの」市 】 松屋銀座8階
  4月3日(火) 〜 9日(月)〈最終日は17時30分閉場〉

trackback: -- | 本文: -- | 編集

袴+じゅばん 新作 と イベント(予告)情報の更新 



 『 雛祭り と 脇役の存在感 』                        
明日は 雛祭りですね。そんな訳で 吊るし飾りの前にて パチリ。
雛祭りは女子の健やかな成長を祈る節句なので、男は当然脇役です。
そう思って 改めて雛人形を眺めると お内裏様が お雛様の添え物の様に見えてしまうのは 仕方ないことなのかもしれません。
世の着物姿でも 華やかな女性に比べ、男性のそれは圧倒的に地味で老けたものばかり。これでは添え物どころか、引き立て役にすらなれません。男性陣は今こそ 大いに奮起したいところです。
そもそも動物の世界では一般的にオスの方が洒落ています。つまり今の人間界の流行は 生物学的に異常ということでしょうか。主役奪還とまでは いかなくても、名脇役程度には存在感を示さないと ライオンや孔雀に 合わせる顔が有りませんね。(笑)

品薄だった じゅばんや 春物のハカマが 仕上がり始めています。
まず じゅばん。浅めのエメラルドグリーンが個性的。じゅばんだけでは絵にならず紹介が難しいですが、柄物の掲載は次回以降に。
 価格 一二、六〇〇円 (素材:綿)
キモノは 花唐草紋織り生地に 配色替えした風神雷神の京刺繍を。
 価格 三六、七五〇円 (素材:ポリエステル)
チノパン・チックなハカマは 穿きやすく軽快に。別色もあります。
 価格 三一、五〇〇円 (素材:綿)

☆4月のイベント(東京)予告…他、ホームページ更新しました☆

trackback: -- | 本文: -- | 編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。